閉鎖空間のSNS以外で、読書メインのやっつけブログを2010年開設→12日間で無残にも放置→2011年311から3ヶ月を契機に「原発事故考察」の為に復活。 読了日記は自分の備忘録の為、ネタバレ満載ご容赦!


by akane-kmj
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NZで強い余震、福島県近隣の方、緊急【疎開】を!

大きな地震のニュースです。
 ⇒ NZのクライストチャーチで強い余震、ビルの倒壊や負傷者も


何もできない。怖がることしかできない。
(福島近隣の方々、お願いだから、まずは一旦、福島を離れてください。)

今年の1月初めに、

「これでもう、今年に入って3回目」 と、

福島の親友の日記に地震の事が書かれていた。

北海道から大阪へ12年前に来た私が、
来阪後間もなく知り合った「ご近所友達」の中でも
特に「園芸・農」の点で気があって、世話になって、
仕事・生き方・子育て、そして夕飯のおかずやコンピュータのこと、
彼女も縁ある北海道の地方都市のこと、
と、話題は尽きることなく、
春は桜前線の追っかけ
夏はホタル、秋は紅葉と、誘ってもくれて、
「この年齢になっても親友ってできるんだ!」と
思わせてくれた、【阪神淡路大震災】を経験した友。

その友が、ひょんなことから、昨年3月よりの福島県民。
福島第一原発の近くで、職場・自宅ともに被害にあった。

本当に、「なんてこった!!」だ。

で、この1月、
「このへん(福島)の地震は、ゴーっと地鳴りのあとから、揺れが来る。
今年に入ってから(だけでも)、もう3回目。怖い。
この頻度は何だろう。大きな地震の前触れでないといいのだが。」
と。

そして、2月の22日、NZで大地震。
日本人留学生などが数多く犠牲になって、
心を痛めていた矢先の、311大地震、大津波、さらに福島の原発事故。

直後にはこんな記事を読んでいた。

 ⇒ やはり起きた 太平洋プレート連鎖型地震


「東北地方太平洋沖地震」の次はどこ? などという煽りとは別に、
多くの地震学者が、「3ヵ月後要注意!」との警告を出し、

東北・関東に関しては、「7月 注意!」とのことだった。

今回のNZにしても、「3ヵ月後」の動きに注意との警告が
残念なことに、現実になって、またもや多くの方が犠牲になった。



実は、この311以後に、
それまで、はっきりとした住所を知らずにいたネット上での友人
(きっかけがネット上とはいえ、一方ならぬお付き合いの友人)が
やはり福島県民とわかって、
その友人とも、できるだけ連絡を欠かさぬように、そして、
出来る限りの「情報」を提供できるようにと、
しばらく遠ざかっていたネットの世界に戻ってきた私。

福島情報では、原発や放射能の話ばかりになっているが、
つい数日前、たいへん気になる


しかし、毎日揺れてます、揺れで体調を崩す人もいて
心身ともに「不安定の極み」です。


とのメールを受けている。

いたたまれなくて、
また、
日々明らかになる残酷な汚染の状況もあって、
この福島の友人や
小さな赤ん坊を抱えている宮城の友人にも、
ツイッターなどを通して、しきりに、「疎開」をすすめてきた。

今、東北地方の、特に放射能汚染の酷い地域や
近くに原発を抱えている地域の方、全員に、緊急で

「疎開を!」 と、叫びたい。

 故郷の復興も、元気で生きていてこそ!です。

======================

北海道、まだ、たくさん空いています。

職業相談も数多く受け付けてくれています。

ぜひぜひ、緊急で、ご検討ください。

短縮URLは、幸いなことに、 bit.ly で、 でかいどー! 

の読み http://bit.ly/DekaiD が取得できました
           ↓
 ⇒ 北海道内における震災避難者の受入施設
(受入種類別でも地域別でも、 上部、表見出し下の青いところをクリックでごらんいただけます。)



あまり知られていないけれど、「農」と「文化」が共存する、
【 十勝 】 の、「鹿追(しかおい)」 などは、在道(札幌)時代の私が、
かつて
「こんなところで子育てができたらなぁ~」と思った土地。

そのほか、札幌市内はもとより、その他の「聞いたこともない」と
思われる地方のこと、
選択に迷った際は、個別に、私宛のメッセでのお問い合わせでも可です。
(役所がいいにくいことなども、言える・・・全くの個人的参考意見ですが)


子どもの放射能被害が心配と言う方、
チェルノブイリ事故後5年半にも及び、
ベラルーシで子ども達の治療に専念なさった
医師:菅谷 昭 氏が市長の、松本市も いいかも・・・
と思ったのですが、受入表明が早かったため、
現時点ではすでに一杯のようです。 残念!

子どもさんがいて、まだ「疎開」について迷っていらっしゃる方、
下記、少し長いですが、ぜひお読みください。
そして、子どもを守る緊急性を、どうぞご理解ください。

 ⇒ NHK「かぶん」
   ブログ:チェルノブイリ医師の思い:菅谷医師の講演全文掲載


(菅谷昭 氏、今回、にわかに一般にクローズアップされた方ですが、
この菅谷氏のベラルーシでの医師としての献身ぶり、鬼気迫るものがありました。
昔、NHKの番組などで、ごらん頂いた方がいらっしゃるかもしれません。
まともな医療設備もなく予算もない、国に捨てられたような地方で
治療のみならず生活指導から、
日本でのご自分のコネクションの出来る限りを使っての検査機器の充実など、
幅広くご活躍された、非常に人間味溢れる、医師の中の医師とも言える方です。)
[PR]
by akane-kmj | 2011-06-13 18:42 | 311大地震・災害 被災者