閉鎖空間のSNS以外で、読書メインのやっつけブログを2010年開設→12日間で無残にも放置→2011年311から3ヶ月を契機に「原発事故考察」の為に復活。 読了日記は自分の備忘録の為、ネタバレ満載ご容赦!


by akane-kmj
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

【SNS日記から】メモ・覚書のような

ゆうべは、福島から避難途中の友人からの緊急連絡待ち状態で、
眠気覚ましに、ヤフーニュース・ミクシー・ツイッターなど、
ダラダラ。

で、自分の決心のためにも、ここにも残しておきたいツイート3本。
いずれも3/16の午前2時過ぎ?くらい。

1)
何十年も周囲にうざったく思われながらも原発に強く反対して来た人間が、たまたま被災現場に居合わせて、福祉専門家だったばかりに他の高齢障がい被災者を置き去りに出来ず、若い息子ともども被曝。 原発政策推進議員や投票して選んだ人々・公表を遅らせた東電を、今、どう許せと?

2)
○○運動なるものはもうやめて、ひっそり平和に歳を重ねたいと、口をつぐんで生きてきたここ12年。そのことを、こんなに後悔するなんて。 友の心配・駆けつけられない悔しさに泣きくれた4日間。

3)
もう、どの党でも、自分ひとりが頑張ったとしても、同じこと、と、ケセラセラだったけど、そして、今も特に熱烈支持なんかではないけれど、道産子として、横路元知事には改めて感謝。 幌延町議会が誘致を決めた廃棄物貯蔵・研究場を拒んだ際の印象深い言、「50年後の未来の責任はとれない」


*****************

ミクシーではニュースから日記も、一覧などを眺めていましたが
タイトルが示唆的で「おやっ?」と思った日記には目を通させてもらいました。


故平井憲夫さんの
 ⇒ 「原発がどんなものか知ってほしい」
を 紹介している日記には、思わず、長文コメント。

========== 以下、私のコメント====

平井さんの文章は、小中学生にもわかるよう、
心を砕いて書いてくださっているのが
有難くて辛いですよね。

平井さんの文中にある防護服の件で
ご紹介の二つ目のニュースにも関連して
下記サイトもぜひご覧ください。

 ⇒ 放射能汚染防護スーツ販売・通販(セルフガードカンパニー)

特に上の方の枠内の3・4行目
「早急に発生源から少しでも遠く」へ避難することが必要です。
(屋内退避は良い結果を生みません)


屋内退避発令は、「切り捨て対策」と、よくわかりますよね。

それと、下部の 注意! の部分
 表面に付着した放射性ダスト・液体から発生する放射線は、防護服を透過してしまいます。
 人体への表面汚染防止と吸入による内部被爆防止の目的で使用してください。


つまり、あくまでも、汚染物質そのものの付着を防ぐだけ。

ゴキブリと放射線を完全に防ぐ手立てを、人間は持っていないのです。
そのゴキブリと暴れる中性子のどちらにも「ほう酸」が有効というのは
自然界の、最高のジョークに思えます。

せっかく、こんな良い日記を書いてくださっているのに
「原子力自体を否定するつもりはありません。」と、
そんな残念なことは仰らず、下記もぜひ!!

 ⇒ 原子力資料情報室(CNIC)  

【原発は早急に廃止されるべきです】
をメインコンセプトに掲げる非営利の調査研究機関です。

友人が被災・被曝した者として、とても嬉しい内容でしたので、
つい長文コメント、たいへん失礼いたしました。

============

としたところ、残念な返信コメント。

極論だが・・・としながら、
原発反対のサイトを広めたいなら、紙とペンを使えと。

原発反対論者としては、蛙の面にナントヤラの反応なので、
言い争うつもりもなく。
(もちろん、私が「蛙」です、誤解の無いように!)
ただ「ちょっとガッカリ」がひとつ増えただけです。

でも、自分の日記では書いておきたい。

私は40年近くコンピュータをやっていますが、
原発を廃止するならコンピューターは無くなるから
といわれても、簡単に受けいれられます。
実際にはありえないだろうから大見得を切っているのではなく。

それに、原発廃止となれば、必ず代替手段は考えられます。
むしろ、原発を推進することによって、
現実化にむけた安全なエネルギー供給の研究・推進が
おろそかになっているのが実情です。

と、今回の決心を記録に残すために書いたこの日記。

コメント返信、友人以外には多分殆ど返せないし、
荒れるようなら友人公開に切り替えます。

ツイッターに戻ります。
[PR]
by akane-kmj | 2011-03-13 13:17 | 311原発事故:被災者視点