閉鎖空間のSNS以外で、読書メインのやっつけブログを2010年開設→12日間で無残にも放置→2011年311から3ヶ月を契機に「原発事故考察」の為に復活。 読了日記は自分の備忘録の為、ネタバレ満載ご容赦!


by akane-kmj
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

誤魔化すな! 避難準備区域解除、言わぬが仏の真実


ついに、今月いっぱいで「緊急時避難準備区域」を解除するという。

  NHKニュース(9月20日 12時45分)
 ⇒ 緊急時避難準備区域 今月解除へ

このニュース、殆どの人が「えっ?大丈夫?」と、疑念を持ったり、あきれたりしたことと思います。
「まだまだ、線量は下がっていないじゃないか・・・」と。

そう。 彼ら政府要人と呼ばれる人は、誰もはっきり言っていませんが、

厳密にいえば、「避難準備区域」は、放射線量とは関係ないのです。

なぜなら、放射能による環境汚染からの「避難」ではないからです。

では、何からの「避難」なのか?
端的にいえば、「爆発」からの避難です。

下図をご覧ください。8月17日の、細野大臣の発言です。
a0154142_104175.jpg

※上図は、MCR-Fukushima: 福島の妊婦や子どもに避難してもらうための署名プロジェクト活動報告より
(上記の赤文字クリックで資料サイトへ;ご賛同の方は、署名も是非、お願いします)

緑で囲った部分の ①で、「一番シビアな状況になった時に」とありますが、
この「シビアな状況」というのが、
直接の「爆発」ではないにしろ、炉心溶融など 「もうダメ、みんな逃げろ!!」 の状況、
つまり 「直ちに影響がある」場合 です。
その状況が、14時間冷却できなかった(水が入らなかった)場合だったというのが ① の趣旨。

で、その14時間 「ちょっと」 に、もう 「ちょっと」 足して、
15時間だったらどうなるかを 「仮定(シミュレーション)」 してみたよ、というのが ③ の趣旨。

そして ②、 「もう大丈夫。爆発するから逃げろ!とはならない」 という結論を得たと。

これで「万一」の事があったら、またまた「想定外」で済ませるのでしょうね。
(炉基法、もっともっと前に、改正の動きを作っておくべきでした、無念。)

この抜粋の最下部2行をご覧ください。
「放射線量高い(略)ので、積極的に避難を促していく」 か 「除染に重きをおくのか」 の判断とあります。
「除染」 の言葉を、わざわざ 「安全を確保するという」 と、小奇麗に修飾しております。

このような「言葉」で抜け通すことを、もうこれ以上許してはならない!

と、今、台風の中で、夜半から朝にかけて、どんどん空間線量が上がっている福島第一の放射線環境MAPを見るにつけ、怒り炸裂です。


 双葉町の山田観測局
2011年09月22日 03時20分現在 23901nGy(空間線量で約23.1μSv)
2011年09月22日 03時50分現在 24063nGy(空間線量で約24.0μSv)
2011年09月22日 04時20分現在 24244nGy(空間線量で約24.2μSv)
2011年09月22日 05時50分現在 24585nGy(空間線量で約24.6μSv)
今、10時10分現在は約25.4μシーベルト(ここをクリックで現在の値) です
[PR]
by akane-kmj | 2011-09-22 10:34 | 311原発事故:政府報道等