閉鎖空間のSNS以外で、読書メインのやっつけブログを2010年開設→12日間で無残にも放置→2011年311から3ヶ月を契機に「原発事故考察」の為に復活。 読了日記は自分の備忘録の為、ネタバレ満載ご容赦!


by akane-kmj
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:読了:大人必読 年少・青春( 1 )

読了2010-002 永遠の出口

著者:森 絵都/
ISBN4-08-746011-8 集英社文庫 も 27-1 ¥552+税
2006年2月25日第1刷
2003年3月集英社刊行本の文庫化
初出:小説すばる1999年11月号~2002年2月号(全9回、数ヵ月後との連載)
大人にこその意を込めて☆☆☆☆☆
   

「永遠に」「一生」「死ぬまで」、~できない・・・
という言葉に滅法弱い女の子、紀子の、小学生時代から中学・高校生時代の、
当たり前の日常やら、どの子どもにも可能性のある特殊な体験やらを軸に、
周りの大人・家庭環境などを絡めてその時々の心情を描くことにより、
今を生きている全ての大人に、子どもというだけで過酷だった「あの、子ども時代」を、
苦い反省も交えてノスタルジックに思い起こさせる、珠玉の一篇。

ちょっとした家庭平和の危機や、ぐれかかった中学時代、
そして、はじめてのバイトや、勘違い恋愛の高校生時代、
いずれもたいへんな筆力を感じさせてくれるが、
圧巻は、前回読んだ村上春樹の作品のキーワードともなった12歳の頃の描写。
「小学校卒業」を目前にした女の子同士3人が、卒業旅行ならぬ「卒業記念のお買い物」に
ちょっと背伸びして千葉のデパート(!都心ではなく)へ行った時の一連の行動や会話は、
それが子どもじみた内容であるにもかかわらず、
読んでいて、目のふちに涙が溜まりそうになって慌てた。

この作品を読んで自分のことを思い返してみるとよくわかるが、
あまりにも当然のように「子ども」であることを強要される12歳という年齢の「子ども」達は、
今在る、ここに生きている大人である私やあなたを、きっちりと内包している、
その事実に気づかされて、やや慄然とした思い。

慌てついでに、自分の子育てを思い起こして、
彼ら(私の二人の子)が12歳の時、
私は彼らに何を話し、どんなふうに接していたのか、必死に記憶の断片を寄せ集めたが
見事に指の間からすり抜けて、サラサラと落ちていく。
せめてせめて、私の12歳の時に接した大人たちよりは、私という大人がマシだったらいいのだが。

※ この一冊に関しては、内容の要約はやめました。
  大人の皆さん、ぜひ、お読みください。
  もちろん、子どもたちも。

[PR]
by akane-kmj | 2010-01-02 15:00 | 読了:大人必読 年少・青春