人気ブログランキング | 話題のタグを見る

閉鎖空間のSNS以外で、読書メインのやっつけブログを2010年開設→12日間で無残にも放置→2011年311から3ヶ月を契機に「原発事故考察」の為に復活。 読了日記は自分の備忘録の為、ネタバレ満載ご容赦!


by akane-kmj
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『Where Have All The Flowers Gone A Singalong Memoir』 という著書の中でピート・シガーは、
歌の翻訳について、あまり肯定的ではない思いを吐露していて、

「ピート・命」ン十年のフォーク歌手;中川五郎さんに

そのことを書いた部分を指し示し、「Beware(気をつけなさい)」 と言ったという。

とはいえ、ピート自身、翻訳歌詞について全否定というわけではない。

中川五郎さんが記したその出来事の紹介のくだりを読んで、私もやはり、五郎さんと同じ意見。

中川五郎の訳詞がなければ、私は
ピート・シガーの『My Name is Lisa Kalvelage』 を知ることもなく、
『We shall Overcome』 だけの世界に留まっていただろう。

少なくとも、いつか「主婦」というモノになって、子の母になった時・・・・・
の事など、考えもしない女子高生だったのは間違いない。

五郎さんの訳詞があったからこそ、その延長線上で、

  ⇒ 「私は今、ここに、いる」


というわけで、1969年7月から40年超、私の傍らにあった320円の本

『フォークは未来をひらく』新報新書/高石友也・岡林信康・中川五郎 共著 から、



   『ある主婦の訴え』(My Name is Lisa Kalvelage)

                        詞・曲 ピート・シガー
                        訳 詞 中川 五郎

1.わたしはリザ・カルヴェレイジ
  生まれはニュールンベルグ
  そこで裁判が昔ひらかれたとき
  世界を恐怖のどん底におとした罪を
  ドイツ人みんなにきせるなんて 不思議に思えた
  その後 アメリカ人と結婚しようとした時
  アメリカ領事館が詰問をして
  戦争責任を十分学んでいないから
  国を出る許可をくれなかった

2.こうして突然このことを
  考えさせられた
  私が海外移住を許されるまで
  ヒットラーが支配していたとき
  どこで何をしていたか
  100回以上も質問を浴びせられ
  その時わたしはほんの子どもだったと 答えたら
  あなたの両親は何をしていたかと
  別の質問が待っていて
  それには何ひとつ答えられなかった

3.ニュールンベルグでまかれたこの種は
  芽をふき育っていった
  今行われてる犯罪を
  わたしはこの目で見
  あの質問の意味がわかってきた
  国家あげての犯罪がどんなものか
  今ではそれもわかっている
  それは二度とくりかえしてはならないものだ
  だから今日 わたしはここへ来た

4.5月25日
  わたしたちの抗議の日
  てんびんのバランスをとる行動をした
  わたしの力ぞえが 世界の流れを
  平和へ向けるのに役立ってほしい
  わたしは言える 子どもらに 孫たちにも
  「あなたのお母さんは何をしてたか?」と
  いつか かれらが
  こう尋ねられたとき
  かれらが黙りこんでしまわないように




※上記転載、訳詞者の中川さんには、事後承諾となります失礼を、お許しください。
  万一、ピート・シガーさん他への著作権法上の問題があれば、すぐに削除いたします。
……と、放置していましたが、このすぐあとに、中川さんから、快く御了承頂きました。m(__)m

  
  
# by akane-kmj | 2012-01-30 21:36 | 映画/音楽

明日13日、福島では、いよいよ、生贄の儀式 「東日本女子駅伝」 が決行される。



 ⇒ 第27回 東日本女子駅伝 in ふくしま

(ご丁寧にテーマソングが流れてむかつくのでミュートのご準備を)

選手の大半は十代の、未来ある少女たち。
「安全な福島」をアピールする為の生贄として捧げられる。

なんとかこのイベントを止めさせようと活動しているグループ
“ 核-原子力事故救援NGO HCR+OPCOM ”の方が、
本日、コースとその周辺線量を計測。

そのツイートを短く4本にまとめたが、それをさらに纏めて以下に記すので、
ぜひ、数字をきちんと読み取ってほしい。


【 緊急拡散 @HCR_press様より女子駅伝コース放射線量 】 単位 μSv/h

陸上競技場トラック脇 1.71、  外周(芝) 2.68、2階観覧席入口3/側溝手前土壌 6.25
競技場内南東側溝脇 13.44
以下コース上/入口より10m地点 4.67、 30m地点福島第三中学校前 4.16

第一区間/信夫が丘球技場前 7.25、 交差点歩道橋下コース横歩道 11.80
交差点から200m地点 9.44
日産ブルーステージの道路挟んで向かい 21.33!!  もう、人殺しだよコレ。

まだ第一区間。コース横歩道の空間線量で 1 μSv/h 超え。
裁判所入り口交差点 6.89、 附属小学校前バス停 9.83

第一区間県庁前 10.77。 第二区間115号線と94号線の交差点 9.00
第二中継所から18.4m 7.23
第三中継所付近 5.81。 第4中継所前 2.02。折り返し地点前 3.03

上記の数字を、コースに文字色ピンクで記入してみた(責任:上条茜)
放射線管理区域を上回る地域での駅伝は、狂っている!_a0154142_23113720.jpg


@HCR_press 様 ツイート より
東日本女子駅伝の実施は違法!出場者のご両親、子どもを守れるのはあなた方だけ!
「危険性を十分説明しないまま大会参加を呼びかけたことは、
子供の、未来を決める意思決定の自由を阻害するものであり
不法行為を構成する(民法709条、710条)」

(とはいえ、親達は、どこまで知らされているのか?)

東日本女子駅伝・主催者の福島テレビ担当事務局に抗議の電話をして下さる方は
024-536-8010 (但し、当日は電話に出ない可能性もある)
URLは、http://twitter.com/#!/tmtv_FTV
  http://www.fukushima-tv.co.jp/contact/index.html

武田先生 http://takedanet.com/2011/11/post_9c72.html

「何が起きても責任をとらない」というのに中学生の女の子も含めてサインをさせている



<深夜 追記>
@youyour724: お願い、今こそツイッターの底力をみせて!13日に駅伝を走る予定にしてる選手たちに棄権を促して開催を阻止して下さい。フォロワーの皆さんは、私が書いて来た以下のツイをリツイして、どうか彼女たち自身まで声を届けて下さい。どうかお願いします。ブログを書いてる方はブログに転載も可です。


# by akane-kmj | 2011-11-12 23:32 | 311原発事故:放射能


 からすの子 (復刻名作漫画シリーズ)

 出版社:小学館 価格:1995円
 ISBN:9784778031879
 ASIN:4778031873
 発売日:2011年07月21日
 

 Amazonで購入



※サイト ⇒ 「本が好き」 の献本レビューで、ただいま公開審査中の為、審査終了後にアップ ===
============ ということで、遅きに失した感ありますが、以下更新
(本が好き!サイトからの紹介文)
■差別をテーマに据えた社会派異色作を復刻
1959年に日本漫画社から刊行された希少な原本を基に完全復刻します。
作者が代表作「忍者武芸帳」にとりかかる画期となった年に発表された本作は、敗戦後の社会問題となっていた混血児を少女主人公として据え、この問題に正面から取り組んだ意欲作です。当時の世相や市井の人々の暮らしと感じ方、庶民の善意と差別性の功罪といった、今日的なテーマを先鋭に描いた異色の問題作です。
長屋暮らしのゲンさんの赤ん坊がある日、何者かに黒人の混血児(乳児)とすりかえられる。わが子同様に育てられた女の子は周囲から激しいいじめにあう。ゲンさんの願いが通じて少女にある奇蹟が訪れるが…。「消え行く少女」と並び漫画史に残る傑作です。


■書評 からすの子 (復刻名作漫画シリーズ)
著者: 白土三平    レビュアー: 上条 茜
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

白土三平さんの画力の確かさを、改めて賞賛せずにはいられ
ません。また、「異色の」という冠詞をつけて云われるこの少女
漫画を、あの時代に描いた鋭い感性と、氏の変わることない優
しさに、深く敬意を捧げます。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


 献本レビューなのに、とんでもなく時間がかかってしまった。
漫画の、というよりも「本」のレビューで、こんなにも「書けない」作品は、多分、後にも先にもこの作品くらいだろうと思う。
なにしろ、劇画で親しんだ「白土三平大先生」の、目(瞳)に「星」の入った、正真正銘の「少女漫画」なのだ。
しかも、基底は、当時の少女漫画の路線通り「薄倖の可哀想な少女」が主人公なのだから。

だが、そこはやはり白土作品であり、この少女漫画が、当時としては大いに物議をかもしたであろうことは
想像に難くない。
当然ながら画力は圧倒的で、比べるのは妥当ではないものの、当時(子ども時代)の私が読んでいた「継子モノ少女漫画」などとは、絵柄・表現、共に、はっきりと一線を画している。
とはいっても、表紙でも少し分かるように、絵柄自体は「サスケ」への進化手前という、たいへん親しみやすいものだ。
少女漫画云々ではなく、戦争という暗い時代を抜けた庶民が、貧しいながらもイキイキとした生活を取り戻した頃の描写として、この、なんとも柔らかく温かな線は最適と思える。

 内容については、「帯」や出版社からの紹介文に書いてあること以外、あまり触れてはいけないと、
読後真っ先に感じた。
だがそこで委縮してはレビューにならないので、差し障りのない程度にとどめながら進めてみよう。


まず、今の多くの漫画が、連載という形の中で技巧に走りがちになり、
たまの読み切り漫画の中でさえ失ってしまったセオリーというものを、
この作品は思い起させてくれる。
「分かりやすさ」と心地よいテンポがある。
つまり、起・承・転・結 が、たいへんはっきりしている作品なのだ。

「起」は、目次の第一章「プロローグ」。
貧乏長屋の、でも新しい時代の幕開けを象徴するような、明るい夜明けの描写。
当時の庶民の朝の、ドタバタとした様子や出勤風景などを、高い画力の漫画絵で、
若い白土三平が、奇をてらうことなく描いている。
「薄倖な少女が主人公」と前述したが、プロローグで登場する「女性」は、
やはり今も変わらぬ白土作品のそれ。
少々ガサツな女性であっても、芯は優しく、多くは強く
忍従と見せても、場合によってはしたたかにもなれるという、
白土三平の女性観は、もうこの頃既に定まっていたのだろうと安心する。
また、ここでは、今でさえ先進的とされる「新しい夫婦の形」まで提示されており、
これは、たいへん新鮮な驚きだった。

さて、このプロローグの最後で起きた「ある事件」が、自然に、次章へと読者を誘う。

起・承の「承」は、
メインであるかのようなタイトルの付いた、第二章「からすの子」。
『メインであるかのような』と書いたのには、理由がある。
確かに少女漫画の話の筋立てとしては、この章がメインには違いないが、
この作品全体を俯瞰してみると、この章は「前振り」の役割を果たしていることが分かるのだ。
読者、特にごく若い少年少女は、この章で主人公の少女に大いに思い入れをして、
悲しんだり憤ったり、主人公の少女をかばう少年の正義に思いを重ねたり、と、
しっかり作品の中に入っていけるが、ここではまだ「完全な正義」は為されない。

転じて三章「奇跡は一度しか起こらない」。
ここで、白土大先生は、漫画の本領発揮ともいうべき、ある「奇跡」を持ち込む。
だが、その「奇跡」が、薄倖の少女の環境を決して幸せへと導かないことを、
そのタイトルが暗示している。
人の心に複雑に巣食う「頑なさ」は、奇跡を以ってしても如何ようにもし難いと、
このあたりの描写こそ、まさに白土ワールド。
「異色の少女漫画」と言われる所以だろう。

そして最終章、「結」の第四章タイトルは「嵐」。
ご心配な方の為に、少しだけ、ほんの少しだけ種明かしを許して頂きたいのだが、
この「嵐」は、本当の、事象としての「嵐」である。
だから、気持ちが乱されたままお話が終わってしまうことはないので、
その点は、それこそ「人間を描き切る」という意味での
「白土ワールド」を信じて頂いて良いだろう。
当時この作品を読んだ少年少女が、それぞれの心の頑なさと対峙しながらも、
人間に失望したりは決してしなかったと断言できる。

 *-*-*-*-*-*-*-*

時代がずーっと下がって、混迷の時代と言える現代。
この作品当時から思うと、奇跡のような科学の発達。
進化したはずの文明。
だが、「からすの子」の時代と同じような人々の「頑なさ」は
心の奥ヒダで様々に姿を変えて、
人と人との結びつきを、一層難しいものにしているようだ。

今の時代、それぞれが「頑なに」思い煩うことがあるのだとしたら、
その頑なさはどれほど必要なモノなのか、
本当にそれほど大切なモノなのか、見つめ直す意味でも、
大人にも子どもにも、ぜひ、この作品を手にとって読んでほしいと願う。


※最後に、本を購入しても表紙カバーをめくる習慣のない方へ。
 この本は、必ず、表紙カバーを外して(も)、お楽しみいただきたい。

# by akane-kmj | 2011-10-13 01:17 | 読了:コミック/漫画

ついに、今月いっぱいで「緊急時避難準備区域」を解除するという。

  NHKニュース(9月20日 12時45分)
 ⇒ 緊急時避難準備区域 今月解除へ

このニュース、殆どの人が「えっ?大丈夫?」と、疑念を持ったり、あきれたりしたことと思います。
「まだまだ、線量は下がっていないじゃないか・・・」と。

そう。 彼ら政府要人と呼ばれる人は、誰もはっきり言っていませんが、

厳密にいえば、「避難準備区域」は、放射線量とは関係ないのです。

なぜなら、放射能による環境汚染からの「避難」ではないからです。

では、何からの「避難」なのか?
端的にいえば、「爆発」からの避難です。

下図をご覧ください。8月17日の、細野大臣の発言です。
誤魔化すな! 避難準備区域解除、言わぬが仏の真実_a0154142_104175.jpg

※上図は、MCR-Fukushima: 福島の妊婦や子どもに避難してもらうための署名プロジェクト活動報告より
(上記の赤文字クリックで資料サイトへ;ご賛同の方は、署名も是非、お願いします)

緑で囲った部分の ①で、「一番シビアな状況になった時に」とありますが、
この「シビアな状況」というのが、
直接の「爆発」ではないにしろ、炉心溶融など 「もうダメ、みんな逃げろ!!」 の状況、
つまり 「直ちに影響がある」場合 です。
その状況が、14時間冷却できなかった(水が入らなかった)場合だったというのが ① の趣旨。

で、その14時間 「ちょっと」 に、もう 「ちょっと」 足して、
15時間だったらどうなるかを 「仮定(シミュレーション)」 してみたよ、というのが ③ の趣旨。

そして ②、 「もう大丈夫。爆発するから逃げろ!とはならない」 という結論を得たと。

これで「万一」の事があったら、またまた「想定外」で済ませるのでしょうね。
(炉基法、もっともっと前に、改正の動きを作っておくべきでした、無念。)

この抜粋の最下部2行をご覧ください。
「放射線量高い(略)ので、積極的に避難を促していく」 か 「除染に重きをおくのか」 の判断とあります。
「除染」 の言葉を、わざわざ 「安全を確保するという」 と、小奇麗に修飾しております。

このような「言葉」で抜け通すことを、もうこれ以上許してはならない!

と、今、台風の中で、夜半から朝にかけて、どんどん空間線量が上がっている福島第一の放射線環境MAPを見るにつけ、怒り炸裂です。


 双葉町の山田観測局
2011年09月22日 03時20分現在 23901nGy(空間線量で約23.1μSv)
2011年09月22日 03時50分現在 24063nGy(空間線量で約24.0μSv)
2011年09月22日 04時20分現在 24244nGy(空間線量で約24.2μSv)
2011年09月22日 05時50分現在 24585nGy(空間線量で約24.6μSv)
今、10時10分現在は約25.4μシーベルト(ここをクリックで現在の値) です
# by akane-kmj | 2011-09-22 10:34 | 311原発事故:政府報道等

ただ、「決断まで1ヵ月」の期間限定はいただけない。

 毎日jp ニュース 2011年9月21日
 ⇒ 福島第1原発:自主避難も賠償対象に 紛争審査会が方針

「事故後1カ月程度の間に避難したケースについては損害賠償を認める方針」というが、
その間、政府発表は、ひたすら「直ちに影響はありません」とアナウンス、
福島県においては早くも3/19には山下俊一を招聘しての安全デマ流布が始まっていた。
---つまり、自主避難は、非常に、しにくい状態だった。
4月の半ばを過ぎてから、さすがにこれはおかしいと感じて、
あるいは避難場所の選定や確保に時間がかかって、それまでの生活を整理して
5月になってやっと自主避難できた人は、対象外の可能性?
冗談はほどほどにして欲しい。

「検討(議論に盛り込む)」のは、8月5日に、既に方針として出されていたため、
今回は、いよいよ、「議論再開」ということだし、
緊急時避難準備区域の解除方針 と、併せ技で出してくるあたり、胡散臭いので、要注意。


※さらなる枠の拡大に向けて、下記【動画】
 (福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)の総会
  2011年8月26日19時~ 日本弁護士連合会 会議室) も、ぜひ、ご覧頂きたい。

 ⇒ 福島の子どもの避難・疎開をどうするか(前半)〜吉野裕之さんのお話

 ⇒ 福島の子どもの避難・疎開をどうするか(後半)〜吉野裕之さんのお話


上記の動画、一般のTVニュースでは、決して報じない、福島の子どもたちのおかれた「実態」と避難状況。
道産子や京都市民がちょっと誇りに思えるお話もある。
言いにくいが、関東の方は上記、(後半)動画の、12分くらいから、必見。




ニュースリンク切れの場合、ここをクリックして参照
# by akane-kmj | 2011-09-22 09:43 | 311原発事故:政府報道等