人気ブログランキング | 話題のタグを見る

閉鎖空間のSNS以外で、読書メインのやっつけブログを2010年開設→12日間で無残にも放置→2011年311から3ヶ月を契機に「原発事故考察」の為に復活。 読了日記は自分の備忘録の為、ネタバレ満載ご容赦!


by akane-kmj
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

読了2010-004 ガール

著者:奥田英朗
ISBN978-4-06-276243-4 講談社文庫お84-6 \552+税

2009年1月15日第1刷発行版
2006年1月講談社刊行本の文庫化
フェミニスト奥田は好きですが・・・☆☆
   
働く女性、しかもだいたい中堅どころ(年の頃30歳以上50歳未満)が主人公
というお話を中心にした短編集。
作品は、
『ヒロくん』『マンション』そして表題作『ガール』
『ワーキング・マザー』『ひと回り』と、5篇。
文庫裏表紙には
[働く女子の気持ちをありえないほど書き込み、話題騒然となった云々]
とあり、また、解説の吉田伸子氏も、
[うわっ、完璧!]と1行目に書いていますが、
私はひねているのか、どうしてもそんなふうには読めなかったわけで。

周辺にそう見て貰いたいという「女子」に阿った、
そう、確かに「女子心」を軽くくすぐられる軽くて読みやすい
でもその分、底の浅さが垣間見えてしまう作品群。

作者と私は、多分、干支でひと回り近く違うと思われますが、
見事に、その「世代の感性の違い」を表出しているなぁと。

さてさて、私と同世代の「働く女性」のご意見を伺いたいものです。




以下、ネタバレを嫌う方は読むのをお控えください。



『ヒロくん』


『マンション』


『ガール』


『ワーキング・マザー』


『ひと回り』

** 以上の要約メモは、おって書きます。
by akane-kmj | 2010-01-04 15:00 | 読了:文芸その他